アトピーのための石鹸

スキンケアは、石鹸選びと体の洗い方が重要です。
アトピーの治療で大切なことは「かかないこと」なのです。
これは、誰もが分かっていることなのですが、痒いから掻いてしまいますよね。
では、どうすれば良いのでしょうか?
アトピー性皮膚炎は、体の目に見えない細かい傷に煙やスモッグ、太陽の紫外線、汗などの汚れに過剰に反応することで痒みが症状としてでます。
正しいスキンケアで、体の細かい傷をふさぎ、常に体を清潔に保つことで、アトピーをある程度改善することは可能です。
体を洗う時には注意が必要です。
アトピーの痒みを抑えるには、「体を清潔に保つ」ことが最も重要です。目に見えない細菌が体に付着していると痒みがでます。できれば、1日2回、体を洗いましょう。
寝ている時に多くの汗を掻きます。細菌が体に付着しますので、夜のお風呂以外に、朝のシャワーもお勧めです。
タオルや手で擦ってはいけません。 お風呂で体を洗う際に注意する事は、タオルを使わないこと。
タオルを使って洗うと、体に目に見えない細かな傷ができてしまいます。また、手でゴシゴシ洗うのも、良くありません。アトピーは、掻くのも「こする」のも良くないのです。 手で洗うのではなく、「泡の弾力」で洗うようにしましょう。
タオルを使わず、手でこすらないように体を洗うためには、まず、石鹸や洗顔料をとにかく泡立ててください。 きめの細かい泡になるまで、泡立てると、泡はかなりの弾力を持ちます。 この泡の弾力を使って洗うようにしましょう。 体に手がかすかに触れる程度の軽いタッチで、泡の圧力を利用して体を洗いましょう。 きめ細かい泡を作れば、泡の弾力だけでも、体の汚れは十分に落とすことができます。
衣類やタオルにも注意が必要です。できる限り、無添加の洗剤等を使って、清潔さを保ってください。
アトピーのスキンケアでは、石鹸選びも重要です。
石鹸を選ぶ際に注意した方が良い点は、 薬用ではない、低刺激の無添加石鹸を選ぶことです。できれば、石鹸素地+○○99%~100%で、泡立ちがよく、きめ細やかな泡が立つ といった点を重視すると良いでしょう。
通常のボディソープよりも、刺激の少ない女性用洗顔石鹸や子供用石鹸の使用をお勧めします。
泡立ちの良さについては、使ってみなければ分からない部分も多いため、網袋を使うと、ほとんどの石鹸の泡立ちは良くなると思います。
おすすめ石鹸は、「アレッポ石鹸」です。