アトピーのための化粧水

アトピー肌には、保湿が大切だということは「初めてのアトピー化粧品の選び方」でお話させて頂いたので、ご存知かと思います。
お肌に潤いを与えるのは水分です。化粧水の目的はここにあります。
そして水分を保持する働きをしてくれるのがセラミドなどです。
乳液や美容液などは化粧水で補充した潤いをとじこめる役目がありますので、順番を間違うと効果がなくなってしまうのは、既に皆さんご存知の通りです。
顔を洗ったら、化粧水をつけ、そして十分に潤ったら、それを閉じ込める乳液や美容液などの油分で保護。これが基本となります。
特に、アトピーの場合はセラミド不足で肌が乾燥していますし、バリア機能も低下しています。そんなお肌に合う化粧水を探すのは、なかなか大変ですよね。 ここではアトピーだった私が使った化粧水を、自分なりの感想と判断基準から厳選して紹介させて頂きます。参考にご覧ください。 では、成分をチェックしたら、試してみましょう。 アトピー肌は、セラミドが不足しているといわれていますが、アトピー用化粧水にはどんな成分が入っているのでしょうか?
いくつかあげてみると、保湿剤としてのグリセリン、天然のアミノ酸系保湿剤のベタイン、抗炎症剤のグリチルリチン酸2Kなど、色々あります。
合成界面活性剤は避けたい成分ですが、ここで詳しく書くのはひとまずおいといて、
ひとまず話を化粧水に絞ります。
ピンポイントで「私にはこの成分が合わない!」とは、なかなか調べにくいですが、まずは自分が使っている化粧水には、何が入っているのかをチェックしてみると良いでしょう。すごーくシンプルな化粧水(成分が少ない)を使って肌の様子をチェックすると、どの成分が合わないのか分かる場合もあります。
私もこれだ!と思える化粧水に出合う前までは「肌をしっとりさせたい!」「キレイに見せたい!」と、過剰にお手入れや化粧をしていました。 今、使っている商品は「これだけでいいの?」と感じるほどシンプル。でも、実際にお肌の調子が良ければ、それでいいのです。
シンプルが1番なんだな、と思います。
アトピーというと乾燥肌に過敏に反応してしまい、与えることばかりに気をとられてしまいがちですが、本来のお肌の力を引き出すという視点も大切だと思います。過剰はよくありません。

お勧めの化粧水は「サラヴィオ美容液」です。