初めてのアトピー化粧品の選び方

アトピー化粧品は、含有成分に注目しなければなりません。化粧品選びの必須条件と注目ポイントを解説していきます。
アトピー肌用とされていて、今まで気兼ねなく使えていたコスメも、突然、刺激物になってしまうこともあります。
もし、アトピーの兆候を感じたり、いつもの基礎化粧品に違和感を覚えたら、すぐにでも肌に優しい化粧品に変えて様子を見るようにしましょう。

≪ポイント1≫ しっかり保湿できる成分が入っているか

保湿成分・肌の基礎力アップの成分としてよく挙げられるのが、ヒアルロン酸・コラーゲン・セラミド。
さらに植物エキス等があります。
ヒアルロン酸は、自身の6000倍もの保水力を持ちます。セラミドは、お肌の水分調整を行う大切な働きをします。
コラーゲンと植物エキスは、保湿と同時に、刺激に対して肌を強くする働きがあります。
≪ポイント2≫刺激ができる限り少ないものを選ぶ
化粧品には、保存料や防腐剤、調整剤やアルコールなど、長持ちさせるために、多少毒性のあるものが多く使われていることが多いです。 コスメは、肌に直接馴染ませ浸透させますので、多少の毒性でも影響が出ます。
肌に刺激を与えないためにも、なるべく毒性の低いものを選ぶようにしてください。
≪ポイント3≫配合成分は、なるべく少ない方が良い
やたらといくつもの効果をうたっているものより、一つの効果に特化したものの方が大量の化学薬品が入っていない可能性が高いです。一度に一遍に効果を与えた結果、配合成分自体に毒性はなくとも、肌には過剰なストレスとなり、アトピー発症の引き金になることもあるのです。
≪ポイント4≫ナノ化・低分子で浸透力アップ
例え良い商品だったとしても肌の奥の奥に入らないと意味がありません。ナノ化された低分子のものを選ぶことで、浸透をよくし、できだけ多くの美肌成分を吸収できるようにすると良いでしょう。
≪ポイント5≫生○○○
生コラーゲンなど、天然で加工がされていないものが良いです。